どんぐりていの米粉は粒度が選べます。米粉の横にある数字はメッシュを表しています。数字が大きいほど細かい粒子になります。
使い分けするとより美味しくなります。
レシピにはありませんがパンに使用するのは
どんぐりていの米粉250がお薦めです。

すあまのレシピ

材料 すまき1本分  

  どんぐりていの米粉250 100g
 グラニュウ糖 100g
 水   150cc
 塩   一つまみ
 抹茶入りのみ 抹茶少々
 片栗粉 適宜



作り方
 1.耐熱のボールに米粉、グラニュウ糖、塩一つまみを入れてよく混ぜる。
 
 2. 水を加えて混ぜる。さらに抹茶を少々入れる。
 
 3.ラップをして、電子レンジ600wで2分半加熱する。
 
 4.一度取り出し、よく練って再び600wで2分加熱する。
 
 5. 濡れ布巾の上に出し茶きん絞りのようにし、よくこねる。
   手を濡らしてやると良いです。でぬらしながらやるとよいです。
 
 6.よく練られ滑らかになったら棒状にして、片栗粉を振ったまきすにのせ
   巻きつける。片栗粉が無い時はラップの上にのせて巻きつけても良いです。
 ♪ポイント♪
  冷ました後、切り分けるには 糸を巻いて引きちぎると綺麗に切れます。

米粉うどんのレシピ
  材料 1人分  

 
どんぐりていの米粉400 70g
 片栗粉  30g
 熱湯(80℃以上)  80ml
 ※好みで塩、打ち粉(片栗粉)

  ■作り方

 1.米粉と片栗粉を良く合わせておく。
 2.熱湯を加え、スプーンやへらで混ぜる。
 3.手でこねられるようになったら手でこね、ひとかたまりにする。
 4.蕎麦と同じように麺棒で延ばし、麺状に切る。
   (少ない分量なので折らないで1枚を   
   包丁で棒状に切って下さい。)
 5.3〜4分程度ゆでる。
 6.麺つゆ等、お好みの食べかたでどうぞ。

 ♪ポイント♪
 良く練ると切れにくいです。
 温かい麺にする時も 一度冷水で洗ってしめると美味しく頂けます。
 寝かせる必要はありません。
 米粉が微細粉でないと上手く作れない場合がありますので
 他の米粉をお使いの場合 ご了承ください。



 

米粉のお好み焼きのレシピ

 
 材料 1人分  

 
どんぐりていの米粉200  50g  
 だし汁 50cc
 キャベツ 100g  長ネギ 5cm
 卵 1個   豚バラ薄切り肉 40g
 長いもすりおろし 大さじ2  
 揚げ玉 大さじ2
 ソース、マヨネーズ 適宜  
 青のり、鰹節 適宜


  ■作り方

 1.米の粉に卵、長芋を入れてよく混ぜ だし汁でのばします。
 2.キャベツは1cm角切り、長ネギは小口切り、あげ玉・桜エビを@に入れよく混ぜます。
 3.温めたフライパンに油(分量外)を薄くひき、生地をのせ形を整え豚バラ肉を
   のせて焼きます。
 4.生地の端が少し固まってきたら裏返し、しっかりと火が通るまで7〜8分焼きます
 5.ソースを塗ってマヨネーズをかけ、かつお節・青のりをふります。


米粉ブラマンジェのレシピ
 
 材料  4〜5人分

 
 
どんぐりていの米粉250  40g 
 牛乳 500cc  グラニュー糖 25g 
 牛乳 500cc
 バニラエッセン適宜

 トッピングにジャム
 またはフルーツをお好みで
 
   ■作り方

  1、150cc程度の牛乳に砂糖と米粉をいれて泡だて器でよく混ぜる。
  2、1に残りの牛乳を加え軽く混ぜ合わせ鍋に入れ中火で火にかける。
  3、木べらなどでかきまわしながらとろみが出てきたら火を止め、
    バニラエッセンスを数滴かけ器にいれて冷蔵庫で冷やす。
  4、冷えたらジャムなどをのせて出来上がり。

  どのくらい火にかけるのかという質問を受けるのですが 
  火加減で微妙に変わってしまいます。
  あまり火を止めるのが早いと米粉特有の匂いというか味が出過ぎるように思いますます。
  火が強すぎると牛乳が沸騰してしまいます。
  弱めの中火で二、三度作るとコツがつかめると思います。

 


米粉の蒸しパン

   材料  5個分

  
どんぐりていの米粉250  100g 
  牛乳 80cc  グラニュー糖 55g  
  卵Lサイズ 1個  
  ベーキングパウダー 4g 
  干しブドウ適宜


   ■作り方

 1、蒸し器にお湯を沸かす。
 2、牛乳に砂糖、常温の卵を加え 泡だて器でよく混ぜ合わせる。
 3、2に米粉とベーキングパウダーを加えよく混ぜ合わせる。
 4、紙をしいた容器に3の生地を入れ干しブドウを散らし、13分強目の火で程蒸して
   出来上がり。
 
 米粉以外をよく混ぜておくと 米粉がまんべんなく混ざりやすいです。
 牛乳と卵はあまり冷えていると卵が混ざりにくく 生地がらさらして干しブドウが沈んでしまう事 があります。
 特に卵は常温に戻して下さい。



米粉ワッフル

  材料  6枚分

  どんぐりていの米粉200  200g
  牛乳 200cc
  サラダオイル 大さじ2  卵 2個 
  粉チーズ 大さじ4  はちみつ 小さじ4   
  ベーキングパウダー 小さじ2
 
 ■作り方
 1.上記の材料を以下の3種類に分ける。(卵は卵黄と卵白に分ける)
     A.米粉・粉チーズ・ベーキングパウダー
     B.卵黄・牛乳・はちみつ    C.卵白
 2.Aを良く混ぜ合わせる。
 3.Bの卵黄を良く混ぜてから牛乳、はちみつを加え良く混ぜる。
 4.Cの卵白でメレンゲを作る。
 5.Aの材料の中央にBを入れ、すくうように混ぜ、サラダオイル大さじ1を加わえて混ぜる。
 6.メレンゲを2回に分けてさっくりと混ぜる。
 7.ワッフルの型に油を引き、中火弱で片面2分。
   時々開けて中を確認しながら焼く。
  
 ♪ポイント♪
  米粉はダマになりにくいので しっかり混ぜても大丈夫です。




米粉ロールケーキのレシピ

29cm位の天板を使っています。
 
   材料
  
  どんぐりていの米粉300 90g  
  グラニュー糖 70g  
  卵Lサイズ 4個    牛乳 50cc  
  サラダオイル 40cc    
  バニラエッセンス 4振り
  
  生クリーム  200cc  
  グラニュー糖 20g 
  黄桃缶詰1個分  キウイ大1個
  バナナ1本

   ■作り方

 1、卵黄4個分、サラダオイル40cc、グラニュー糖30gをボールに入れ
   泡だて器でよく混ぜる。
 2、1に牛乳、バニラエッセンス4振、好みでブランデーキャプ半分を加え良く混ぜる。
   (ブランデーを入れないときはその分、牛乳を増やして下さ。)
 3、2に米粉を加え泡だて器で混ぜる。
       ポイント!(ここでハンドミキサーは使わないで下さい。生地が膨らまなくなります。)
 4、卵白4個分を8分立てまで泡立てグラニュー糖40gを二回に分けて
   加えしっかり泡立てる。

 5、3に4のメレンゲを2回に分けて泡だて器で混ぜ合わせ、
   オーブンシートを敷いた天板に生地を流しいれる。
   20cm位上から数回落として空気を抜くと生地が綺麗に仕上がります。
   180度に余熱したオーブンで16分程焼いて下さい。
    (オーブンや室温によって温度及び焼時間を調整して下さい。)
 6、焼けたら30cm位の高さから天板を落として下さい。(生地が縮まないようにする為)
 7、天板からすぐに外して自然に冷まして下さい。
     (冷めきってから乾きすぎないようにラップして下さい。)



  8、泡立てるボウルよりひと回り大きいボウルに氷水を入れます。
  その上でボールに生クリーム、グラニュー糖を入れホイップします。
  9、冷めた生地に生クリームを塗り、手前にキウイとバナナ、黄桃をのせ巻きこんでつなぎ     目を下にして冷蔵庫で30分程冷やして切り分ける。
 
  生地は冷やしすぎると硬くなります。巻く時は常温に戻すと また柔らかくなるので生地が
  割れにくくなります。中に入れるフルーツは季節に合わせてお好みの物を入れて下さい。

米粉のシフォンケーキ
プレーン
 材料 18cm型1個分

 どんぐりていの米粉300 100g  
 卵(Lサイズ) 5個   グラニュー糖 90g
 牛乳 65cc  サラダオイル 50cc
 ブランデー キャップ7分目  
 バニラエッセンス 5振り

■作り方
 1.卵黄、グラニュー糖40g、サラダオイルをボウルにいれ泡だて器でよく混ぜる。
 2.次に牛乳を加えよく混ぜる。ここにバニラエッセンス、ブランデーを加えると 卵と米粉の特   有の臭みがきにならなくなります。
 3.2に米粉を加え良く泡だて器で混ぜます。(
ここではハンドミキサーを使わない事。ふくらみ   が悪くなります。)  
 4.卵白をハンドミキサーで最初低速でよくほぐします。ほぐせたら中速で八分立てまで泡立て   ます。そこへグラニュー糖を2から3度に分けて角が立つまで泡立てます。           5.3に4のメレンゲの3分の1を加え、泡だて器でよくまぜます。残りは手早く二回にわけて泡   だて器で混ぜます。最後にへらでボウルの底からすくい上げるように生地をまとめます。
 6.5を30センチ程の高さから流し込み 2、3度、空気を抜くために底を叩きつけます。
 7.170度に温めたオーブンに入れ、45分焼く。焼きあがったたら取り出してカップの上など    に逆さまにして冷ます。逆さまにしないとケーキの重みでへこんでしまいます。
   冷めたら縁、中央にナイフまたは竹串を差し込み型から外し底も同様に外します。
  
 ♪
ポイント
 5の生地にメレンゲを加えて混ぜるとき 
ヘラではなく泡だて器で混ぜて下さい。泡だて器も細 いのではなくしっかりした硬めの物が手早く混ぜやすいです。メレンゲの出来と、ここで 良くま ぜることが大事なポイントです。 ベーキングパウダーを使わないので出来れば水ではなく、レ シピどうり牛乳を使って下さい。
 
 抹茶など 加える物によって膨らみにくい物があります。その時は牛乳の量を増やすと膨らみ ます。プレーンの生地はこのレシピをとりあえず守って下さい。膨らみ過ぎて、焼きあがった後 逆さまにした時 冷める前に型から外れて落ちてしまう事があります。米粉の重みで支えきれ ずに落ちてしまうのです。なので牛乳の量を減らしてみたら解決しました。
 
 上記のレシピは回転式の電気オーブンで焼いています。庫内が狭いのでほおっておくと上だけ焦げ てしまうので途中でアルミホイルをかぶせています。回転でない電気オーブンでは180度の予熱で
 35分焼いています。庫内が広く天井までの高さも余裕があるのでアルミ箔をかぶせる必要がありま せん。このようにオーブンの種類や大きさ、室温などの条件で焼きあがりが違ってくるのでそれを頭  において自分の焼時間や温度設定を決めて下さい。
抹茶入りシフォンケーキのレシピ

作り方はプレーンと同じです。
 
 材料 18cm型1個

 
どんぐりていの米粉300 100g  
 卵(Lサイズ) 5個
 グラニュー糖100g
 牛乳 100cc  サラダオイル 50cc
 ブランデー キャップ7分目  
 バニラエッセンス 5振り
 抹茶 7〜8g 

    
  微妙に変えている理由として プレーンなケーキは お米自体の甘さを感じるので少し甘さを控えま  した。抹茶を入れると膨らみにくいので牛乳を増やしましたが膨らまないままでもその方が好きな方  もおられます。
 
 一般家庭のオーブンだと庫内が狭いのでケーキの型が合わないと 
 ケーキの上部が焦げてしまう事 があります。その時はアルミホイルを途中でかぶせます。
 膨らんでからある程度色づきかかったころ かぶせます。
 あまりかぶせるのが早いとしぼんでしまいます。
 温度が下がらないよう手早くかぶせる事も大切です。
 Copyright どんぐりてい 
SinHOME